2018年ワールドカップの優勝者をAIが予測 可能性が高いのはあの2か国

f:id:ronnieeda:20180625200636j:plain

 

 

 

ロシアで開催中の2018年サッカーワールドカップの優勝国については、ブラジル、フランス、ベルギー、アルゼンチン・・・などといった予想が有力とされている。

 

一方、この予想を人工知能にやらせたらどうなるか?

 

ドイツのドルトムント工科大学、ゲント大学、ミュンヘン工科大学の共同研究チームは、現在開催中のワールドカップについて、10万に及ぶシミュレーションを経てその優勝国を予測する人工知能システムを開発した。

 

このシステムでは3つの異なる手法が使われているが、その分析によると、ドイツスペインが優勝する可能性のもっとも高いチームという結果が出たという。

 

"3つの異なる手法" とは「ポアソン回帰分析」「ランダムフォレスト」「序列法」。

 

これらの方法が過去4回のワールドカップにおける各チームのパフォーマンスに適用され、シミュレーションが行われた。

 

様々な要素がアルゴリズムの中に組み込まれることで、AIシステムはどの変数がもっとも重要かつインパクトが大きいかをはじき出す。

 

それによると、チャンピオンリーグの選手が何人いるかということのほうが、マネージャーがどこの国の人かということよりも重要なファクターである、という興味深い分析結果が出されている。

 

トーナメントで上位に上る可能性について分析された結果、スペインが優勝する確率のほうがドイツをわずかに上回っていることが判明した。

 

これは、上位16か国のトーナメントに残った後に負け落ちる可能性が、どちらかというとドイツのほうが高いという分析結果によるものである。

 

その一方で、両チーム共にクオーターファイナルまで勝ち残った場合は、逆にスペインよりもドイツの優勝する可能性のほうが高くなるという。

 

しかしながら日本サウジアラビア、イランなどは、最も優勝する可能性の低い国という分析結果が出された。

 

 

 

www.indy100.com